忍者ブログ

動労東京ブログ

国鉄東京動力車労働組合(略称:動労東京) 2016年6月1日結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の正規・非正規の労働者で組織する労働組合です。 全国・全世界の労働者とともに、国鉄1047名解雇撤回・外注化阻止・被曝労働絶対反対で闘います! 〒111-0041 東京都台東区元浅草2-4-10 五宝堂ビル5階 電話 03-3845-7461 FAX 03-3845-7463

動労東京の腐敗に関して。中核派は日本版北朝鮮そのものです。

私は、元動労東京組合員の大西秀宜です。

2015/7/1より、2017/3/31まで、株式会社JR東日本テクノハートTESSEI 東京サービスセンタにて勤務し、同時に中核派の構成員でもありました。

その後、”ストーカー規制法”違反として警視総監名で警告書を受け取りました。

権力が怖れるのは動労東京ではなく大西であり、私に対して真っ先に言論弾圧攻撃を仕掛けているけれども、動労東京も中核派も全体主義思想に陥っていて理解できないと考え、こうして内情を暴露することにしました。

株式会社JR東日本テクノハートTESSEI 東京サービスセンタは、”ハーバードの授業で絶賛されたJR東日本の「新幹線お掃除劇場」”

といわれる通り、ハーバード大学も絶賛するのですから、それはウラを返すと資本家の搾取の対象であり、ココでちゃんと仲間を増やせばいいと考えてきました。

しかし、複数回酒気帯び出勤してしまい、それを咎められて、本年3月に雇い止めされてしまいました。

”株式会社JR東日本テクノハートTESSEI”については、雇い止めされた恨みはありますが、フツーの企業と比較して取り立てて問題があるとまでは思いませんでした。

本来委員長である吉野元久や、事務局長である飯田英貴ら動労東京としては、このような雇い止め攻撃に対してこそ闘うべきです。

それが、闘う労働組合のありかたです。

しかし、吉野元久も飯田英貴も、その他動労東京の組合員も、闘ってくれませんでした。

理由は、私がブログを掲載し続けていることが、中核派内部の約束に違反するから、です。


けれども、そこまで言ってしまえば、”動労東京に加盟する”というのはイコール、”中核派に入る”、ということになってしまいます。

自分は中核派ではない、と言っておいて、動労東京で闘争を始めたとしても、後出しで吉野元久らから、

「中核派の主張と違うから、あなたの闘争はしない」

と言われてしまい、けっきょくは中核派の主張に従わざるを得なくなるからです。


ブログを掲載する、というのをやめさせるなどというのは、いくら中核派内でそう一致していようが、将来自分らが革命を成し遂げたときに、言論の自由を保証すべき立場になるわけですから、その考えの過ちは訂正し、ブログの掲載は自由にせねばなりません。

中核派的には、それが警察公安からマークされ、思想情報をダダ漏れさせるから、という理屈のようですが、そういう理屈の上で自分らが言論統制をするというのは、それはもう北朝鮮そのものになってしまいます。

北朝鮮だって、”朝鮮民主主義人民共和国”として民主主義を訴え、さらには革命までをも訴えているのです。

革命までの暫定措置として、言論弾圧をしているのです。


それと中核派=動労東京となにが違うのでしょう?


私には、中核派は、北朝鮮になぞらえて”日本民主主義人民共和国”を作りたがっているように見えます。
だから、北朝鮮の失敗には目もくれずに、100年前のロシア革命に倣って、実体のない”労働運動”を唱える全体主義に陥っています。

ちなみに、北朝鮮の第一党は、”朝鮮労働党”ですからね。
ついでに、北朝鮮もマルクス主義を主張しているのですからね。

だから、中核派の者たちは、韓国情勢について、韓国、アメリカ、日本等の”資本主義・帝国主義”について批判はしますが、北朝鮮について批判はしません。

その行きつく先は、やはり”日本版北朝鮮”でしかありません。

そういえば、左翼主義者たちは北朝鮮をかつて”地上の楽園”と評したわりに、どうしてこうなったかの考察もまた全くしているようには見えません。

またナチスだって、”国家社会主義ドイツ労働者党”ですからね。

しかし、私は中核派が築き上げてきた思考の全部を否定するつもりはなく、労働運動の大切さは理解するつもりです。

けれども、その労働運動とは、たとえば職場で文化とか芸能とか恋愛とかシモネタとか、その他下世話な話とか、ありとあらゆるさまざまな話ができ、友達関係・信頼関係ができた上で、もっというとできればお互いの人格を尊敬できて、初めて成り立つものだと私は考えます。


それなくして、「〇〇すべきだ!ウワァァァァァ!!!」とか言って内輪だけで喜んでいる”労働運動”は、実体がなく、中核派の主張を私は、北朝鮮とかナチスとかとなにも違わないと思います。

ただ、中核派は第一党になるだけの戦略がなく、だから友達関係を築き上げたり、ヒトの主張を聞く耳を持った人間がいなく、無意味な「街宣とかビラ配りとかしていればいつかは増える」なんて能天気に考えている者たちばかりなので、いつまで経っても少数派なのだと考えます。

動労東京も中核派も、友達関係も信頼関係も全然なく、尊敬できる人もほとんどいなく、正直言ってつまらなかったです。

だからいまこうして私は反旗を翻すのですし。

私がいっくら言っても、けっきょくは「街宣とかビラ配りとかしていればいつかは増える」なんて発想(これもまた全体主義思想です)に行き着いてしまうのですから、これをどう立て直すか、賢明な方々には、私が悩んだことは容易に想像していただけると思います。


私はそれらについて徹底的に討論したかったのですが、中核派=動労東京では討論する場すらありませんでした。

討論する場すらないのに、動労東京において私はブログ作成能力だけは認められて、こうしてブログの作成だけは任せられました。

このブログを私が放り出されてから誰も更新できてないのですから、それだけ私に頼っている面があったはずですが、そうして私を使う一方で、私の主張には耳を貸さなかったのですから、こんな全体主義の高慢な労働組合に入ってはなりません。
身も心も崩壊させられてしまいます。

私も酒気帯びなどしなければよかったのですが、実情を言うと、動労東京=中核派の全体主義的なものごとについて、既に示した通り、矛盾をたくさん発見し、さまざまに考えてきました。

それについていくら言っても、吉野元久らは聞く耳持たずで、私もどうしたらこの動労東京=中核派の根底的な腐敗を回復できるのかをとことん悩んで、疲弊して、その結果として酒気帯びになってしまったのです。

いまは私は動労東京=中核派からは身を引いて元気になり、お酒の量も減らせています。

だからこそみなさんには、動労東京=中核派に騙されることがないように、こうして内情暴露している面もあります。

そして私は先日4/28に、警視総監名で、私のブログ上の発言がストーカー規制法違反に当たるとして、刑事5人くらいに連行されて、万世橋署でこれをもらいました。





けれども私はこの内容は一切異なっているし、そもそも昨年6月に私がアイドルである岩田華怜と電話で話した内容というのは、私が体験した事実と異なるものが多く、そもそも私をストーカーとして怯える女の子が電話で饒舌に話せるなんて矛盾点が多すぎ、最近使われるようになった同時音声変換技術という”新捜査手法”が使われたと私は主張してきました。


また、そもそも自分のブログに書く行為がストーカー規制法にあたるはずがありませんし、岩田華怜はAKB時代に握手会をしていたのですから、私が会場に現れることを”押し掛け”たなどとするのは全くもって警察公安の恣意であり、その本質は言論弾圧攻撃なのです。

これについても、私はこの警告書を受ける以前から、私はAKBでも問題を持っていると、ずっと主張してきました。

動労東京も中核派も、私の言うことは一切聞かず、中核派東部ユニオンの白井や、小泉義秀は、

「大西はAKBの女の子に対して危ないことをする人間だから、会わないように」

と、他の組合員に対して言い、私を孤立させました。

そうじゃなくてこれらはすべて、権力が私を怖れた活動である、といくら主張しても、彼らは聞く耳を持ちませんでした。
動労東京の吉野元久や飯田英貴も、

「これは動労東京に対する攻撃だと思っているよ」

と言って、闘いとして取り上げようとせず、私に対する個人弾圧だとする私の主張は認めませんでした。

ならばどうして、私が中核派も動労東京も辞めた後に、自分のブログの書き込みを、”ストーカー規制法違反”などとして弾圧できるでしょうか?


しかし、中核派も動労東京も、全体主義思想の末期的症状だから、私がどう感じて、どう訴えているか?なんて興味がなくて、自分達にとってどう利用価値があるか?でしか判断しません。

それってもう権力の発想そのものであって、そんな者が政府を打倒したら、それこそ北朝鮮のような恐怖政治になるのは自明なのに、彼らはその論理が理解できないのです。


私がどう感じて、どう訴えているか?を聞き、「ほう、現場でリアルに動いている人はそう考えるのか!」と、詳しく知ろうとする・・・・「労働運動」ってそういうものですよね。

中核派や動労東京は、現場の声が全く聞けない、硬直化した組織になってしまっています。


そもそも私は日立製作所を不当に懲戒解雇され、それも問題にしてくれと言っていたのに、問題にさえしてくれませんでした。

仕方ないから日立製作所時代に交通システム社で身に着けたさまざまな鉄道の知識を、動労総連合の闘いに取り入れたいと思って発言したのに、それさえも検討してくれませんでした。


中核派や動労東京は、日本政府・安倍政権以上に、もういろいろと終わっています。


中核派や動労東京だけでなく、日本政府が監視し、問題としている私のブログです

日立製作所を公益通報したにもかかわらず違法に解雇されたおーにっちゃんのブログ


【追伸】

私の岩田華怜に対する内容を、ストーカー行為とする警察公安の主張を見過ごしていると、たとえば活動家夫婦を切り裂くこと、というのができてしまいます。


たとえば、星野文昭さんに対して、暁子さんが面会に行きますよね。


しかし刑務所が恣意的に、星野文昭さんの意思と異なったところで、星野文昭さんの筆跡を真似て誰かが、「もう会わないでください」と書くことだってできます。


そして、その文書を基にして、「星野文昭さんはもうあなたのことを嫌っているのだから、これ以上来ればストーカー規制法違反!」と言って、警視総監名義で警告書を出し、それでも刑務所に近づけば逮捕することだってできてしまうのです。



そうして活動家を分断するための方法として、ストーカー規制法が利用できてしまいます。


現実的に、星野奪還闘争は有名だからなかなか難しいとは思われますが、これから囚われる人間に対しては、このようなことが乱発でき、孤立させることが可能です。



・・・いや、刑務所だと本人だけでなく弁護士等の面会も認められている、という反論もあるでしょう。(私には岩田華怜に代理で会ってくれるような弁護士の知り合いもいませんし・・・)

けれども、じゃあたとえば、新しく勧誘したい人がいるけれども、会社からその人に対しては「連絡したら解雇だぞ」と脅しておき、
警察から活動家に対してはストーカー規制法に則って警告書を出せば、この2人はまず会えなくなります。

同性同士ならばいいだろう、という反論もあるでしょうが、いま同性愛だって認められている世の中ですから、警察権力は同性愛としてストーカー規制法を使ってくる可能性もあります。

・・・そして、これらの方法によらずとも、2人を引き裂くもっと簡便な方法として、”共謀罪”が作られたと考えられます。


改めて星野奪還闘争について考えると、暁子さんが文昭さんに面会することが既に”共謀罪”と判断され、文昭さんの刑期がさらに延長されるのは自明です。

”共謀罪”だから面会謝絶、というケースもきっと出てくるでしょう。


こうやって、ものごとを具体的に考えることは大切です。
中核派も、警察権力から私に対する攻撃を、他人事として捉えるのではなくて、今後自分らにどのように適用され得るか?をちゃんと考えないといけません。


労働運動だって、もう何十年と全部後手後手できているのですし、このまま共謀罪だって可決されるし、どんどん法律の運用が恣意的になってくるのは明らかな事実なのですから。

マルティン・ニーメラーが詩に込めた過ちを、他人事と思って繰り返してはなりません。



ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は共産主義者ではなかったから


社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった
私は社会民主主義ではなかったから


彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は労働組合員ではなかったから


そして、彼らが私を攻撃したとき
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった


【さらに追伸】


中核派・動労東京の中でも、最下層の人々の中には、私のさまざまな発言や視点を絶賛してくれる人がちょくちょくいました。

然るに、中核派・動労東京の上の方が、私の言い分を握り潰してきたようです。

だから、私のさまざまな訴えが上に通らなかったと考えられます。


なんでそんなことを、中核派・動労東京がするか?と突き詰めたら、中核派はどんなカタチでもいいから日本政府を倒して新しい世界を作ればいい、本当の革命を起こそう、なんて、実はゼンゼン考えてないことがわかります。

そうじゃなくて、
日本政府を倒した後に、自分らの考え方・・・、それだけじゃなくて、自分らの支配体制そのままのもの、これらがトップに来なければならない権力闘争をやっている
と考えるしかありません。

だから、他の革命組織に対しては”内ゲバ”を行い、むしろ日本政府の延命=反革命に加担してきたのです。


それってやはり北朝鮮全体主義と変わりませんよね。


だいたい、どんな組織でも、腐敗を防ぐために指導者は入れ替わっています。

けれども、中核派議長の清水丈夫は、私が生まれる前から、42年間も最高指導者の座に居座っています。

誰がどう見ても独裁者であり、独裁体制を構築していますよね。

金日成だって、革命を言いながら、死ぬまでほぼ46年間独裁を保ちました。

それと中核派とは、あらゆる面でウリふたつです。

なぜ中核派内では、そんな疑問さえ主張できないのでしょうか?


・・・やはり、北朝鮮で金正男が殺されたように、中核派に反旗を翻したら、粛清されるから、でしょうか?

そんな組織に入れば、身も心も廃人になってしまうのは目に見えています。


また、そんな中核派は表向きと違って、権力闘争が激しいことが容易に想像されますので、清水丈夫には子供はいないはずなので、清水丈夫が近いうちに亡くなった後、派閥抗争が発生することもじゅうぶん考えられます。

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

他人のブログ乗っ取ってアホな書き込みするな。

西山桂教授と会いたいということですね。

大西さんが
岩田華怜とストーカー規制法により会えないのは、西山桂教授と会えないのは活動家を分断するための方法ということですね。

同性同士ならばいいだろう、という反論もあるでしょうが、いま同性愛だって認められている世の中ですから、警察権力は同性愛としてを使ってくる可能性もあります。

よほど西山桂教授と会いたいということですね。

社会福祉事務所は、極左暴力集団 中核派、前進社、動労東京の構成員へのナマポ支給をやめろ。

社会福祉事務所は、極左暴力集団 中核派、前進社、動労東京の構成員へのナマポ支給をやめろ。

これは反社会勢力への資金提供である。

おーにっちゃんまとめブログ(公式)。大西秀宜が創価学会へ入信準備中だってさ

おーにっちゃん(大西秀宜・おおにし ひでのぶ)情報の、まとめブログ【公式】です。タレこみ情報は掲示板へどうぞ。最新の状況はストーカー規制法の警告が通告され、すごすごと大人しく従い始めております。なお警告を受けた9割のストーカーがそこで目を覚ますそうです

http://pa-nicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-9df7.html

岩田なんて忘れて西山教授と結ばれろ。

アナルに教授の弾道ミサイル発射してもらえや。

「大西秀宜言い訳劇場」では衆目を欺けない。またもや都合の悪いコメから逃亡か?

>ハーバード大学も絶賛するのですから、それはウラを返すと資本家の搾取の対象であり、
>ココでちゃんと仲間を増やせばいいと考えてきました。

>しかし、複数回酒気帯び出勤してしまい、それを咎められて、
>本年3月に雇い止めされてしまいました。

大西秀宜君はそういうが、リンク先のダイヤモンドオンライン記事によるなら、
この清掃会社は『7分間で全車両の清掃を終える』という。

この「全車両」とは鉄道用語でいう「1編成」のことではないかと考えられるが、
いずれにしても、現場に来た車両の先頭から最後尾車両までを7分間で完璧に清掃する。
なので『7分間の奇跡』とも呼ばれている訳だ。

なお、清掃員達の待機所はプラットホーム下に有るそうだ。

多分だが、大西秀宜君はこの高速作業に付いていけなかったのではないだろうか?

常に益体もない考えを脳内で全力回転させているから、
相手の話を聞いても理解できないところへ持ってきて、この作業。

君自身がやっているブログの記事で
中核派がどうとか言って深酒の言い訳をしているようだが、
実体は仕事上での逆ギレではないかな?

管理職の人も現場にいるし。

どうせ、"なんで才能あるワタシがこんな下っ端仕事しなきゃ
いけないやろがよ!!"とでも考えるか言うかしたんだろ。
そんなところだな。

隠しても無駄だ。諦めろ。大西秀宜君はカエサルの生まれ変わりでなく、
李朝末期両班(やんばん)の劣化生まれ変わりなんだから。

>理由は、私がブログを掲載し続けていることが、中核派内部の約束に違反するから、です。

どんな"約束"したのか正直に書きなさい。
君はここの管理権限を奪っているのだから追記出来るだろ。
この辺りに関する話はそれからだな。

>中核派的には、それが警察公安からマークされ、思想情報をダダ漏れさせるから、
>という理屈のようですが、そういう理屈の上で自分らが言論統制をするというのは、
>それはもう北朝鮮そのものになってしまいます。

>北朝鮮だって、”朝鮮民主主義人民共和国”として民主主義を訴え、
>さらには革命までをも訴えているのです。

>革命までの暫定措置として、言論弾圧をしているのです。
>それと中核派=動労東京となにが違うのでしょう?

随分とご立派な事を言うね?ならば本ブログコメ欄の承認制を直ちにやめよ!!!
なぜしない?大西秀宜君が自己紹介をしているんでなければ出来るだろ?

やっぱ私ってアナルの構造が女性なんだと思った。→ 「女性は耳で恋をする」

やっぱ私ってアナルの構造が女性なんだと思った。→ 「女性は耳で恋をする」
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-5a1f.html


そういえば,私に対して声がいいとしてホモ告白してきたのがいました。
私としてはいまさら隠すことはないので,コイツです。西山桂です。
島根大学でいま准教授になっとるのか。
http://www.edu.shimane-u.ac.jp/staff/staff39.html
2006~7年に休職したとき,相談に乗るとか言われて島根に呼ばれたのですが,ホテルで,後輩で私に目をつけていたとかで,卑猥なことをされました。
忘れたい記憶なので,意図的に忘れたので,いまとなってはどこまでされたのかハッキリと覚えていませんが,とにかくかなり後までトラウマとして残りました。
私ホモ告白ならば先輩・後輩2人から受けたことがあって,そのうちの1人です。
オトコ2人から告白されたことがあるのに,オンナから全く興味を持たれない,ってないと思いますよね。
オンナでレズ告白を2回もされた子が,オトコから魅力がないと思います?
なんか変な記憶が出てきましたが,とにかく,やっぱ私ってアナルの構造が女性なんだと思いました。
アナルの構造が女性だからこそホモ告白された,とも取れますよね。

無題

吉野元久殺す

大西秀宜
070-6969-9177
kotochan0725@gmail.com

西山教授は名城大学に。

この四月から名古屋の名城大学に異動したようだよ。
高速バスでも会いにいけるやん。

『教授のノドンをワタシのアナル経済水域に発射頂いたのが忘れられません!今度はテポドンを連射やろがよ!』

教授のテポドンをたっぷり味わいな!

西山教授は名城大学に。

この四月から名古屋の名城大学に異動したようだよ。
高速バスでも会いにいけるやん。

『教授のノドンをワタシのアナル経済水域に発射頂いたのが忘れられません!今度はテポドンを連射やろがよ!』

教授のテポドンをたっぷり味わいな!

プロフィール

HN:
動労東京
性別:
非公開

P R