忍者ブログ

動労東京ブログ

国鉄東京動力車労働組合(略称:動労東京) 2016年6月1日結成。JR東日本・JR貨物とその関連会社の正規・非正規の労働者で組織する労働組合です。 全国・全世界の労働者とともに、国鉄1047名解雇撤回・外注化阻止・被曝労働絶対反対で闘います! 〒111-0041 東京都台東区元浅草2-4-10 五宝堂ビル5階 電話 03-3845-7461 FAX 03-3845-7463

動労東京 第6号 2016年12月5日

交通機械サービスと団体交渉

「仕事に誇りが持てる職場に」

大幅賃上げを勝ち取ろう

 国鉄東京動力車労働組合と(株)交通機械サービスは、11月18日に団体交渉を行いました。今回、東京臨海高速鉄道の車両基地で清掃業務を担う八潮事業所の切実な職場要求として掲げた三点(要員不足の常態化を改善すること、休憩室を確保すること、管理棟業務を見直すこと)をめぐって交渉を行いました。


働く者が将来を描ける労働条件を確立させよう

■要員不足の常態化の改善について
(組合)入社してもすぐにやめる人が多い。要員不足が常態化している。公休、特休に出勤しないといけない。体が持たない。会社は認識しているか?
(会社)認識している。ハローワークに募集はかけている。本社からの応援態勢も作っている。しかし、人は入るが長続きしないという悪循環になっている。
(組合)人が集まらないのには理由がある。将来が見える労働条件、定着できる条件ではないからだ。清掃は大切な仕事だ。鉄道の安全を守る仕事でもある。募集をかけても集まらなかったことの責任は会社にある。「足りないから本社から応援に」というのでは成り立たない。
 募集しても人が集まらないのは誇りが持てない職場になっているからではないか。皆が仕事に誇りが持てるような労働条件を確立すべきだ。そのためには大幅に賃金を上げる以外にない。労働者が将来を描ける条件を確立することが会社の義務だ。


会社は清掃の仕事をなめるな!

■管理棟業務の見直しについて
(組合)車両清掃をやって、15時から管理棟の清掃業務は体がきつい。
(会社)管理棟業務は契約に入っている。(車両清掃と)どちらが大事だというのではなく、同じ仕事だからやっていただくしかない。(車両清掃と管理棟業務の両立は)時間で分けてやっているのできついとは思わない。
(組合)徹夜勤務は午前1時半まで10両編成を6本清掃し、2時間半寝て新木場に行って10両編成を1本清掃している。最終電車となると嘔吐物の処理もある。みんな生活のために頑張っているが、どれだけ大変か、役員の皆さんも一度経験してみたらどうですか!
(会社)私も乗っているがそんなに汚れていない。
(組合)当たり前でしょう! 労働者が清掃した電車に乗っているんだから!
 また、会社は「環境アクセスがやっていた時代から施設も人数も引き継いでいる。それでいままでやってこられている」とも言いました。これまでもやってこられたんだから増員も必要ない、休憩室もいらない、というのが会社の主張です。 

職場と仕事を労働者の手に取り戻そう!

 会社は「車両清掃も管理棟業務も同じ仕事で大事だ」と繰り返し言いました。冗談ではありません! 会社の言う「契約内容なのだから大事だ」ということと、労働者が「仕事を大事にしている」こととは根本的に違います。会社は結果だけをみて、きれいになったかどうか、その評価を気にしているだけです。労働者が仕事を大事にしているのは、自分や家族、仲間の生活と労働者、乗客、乗務員の安全を守る立場から仕事に誇りを持って大切にしているのです。このことが会社と労働者との間で根本的対立となりました。
 会社が労働者に責任を押しつけ、「辞めても代わりはいくらでもいる」という考えでいる限り、職場では事故も起こり、職場を去る仲間も後を絶ちません。入ってもすぐに辞めざるを得ない「悪循環」の根本原因を断ち切ることが労働組合の本当の闘いです。そのために、労働者が団結して、職場と仕事を管理職から労働者の手に取り戻すことです。
 動労東京は、仲間を大切にし、仕事に誇りの持てる職場にするために引き続き会社と闘います。

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
動労東京
性別:
非公開

P R